Global International University Systems


Herbal-Medicine


世界初のハーブサイエンスの大学

 

世界初のハーブサイエンス大学で自然治療学を学びます。

ハーブには、メディカルの面と癒し(食を含む)の面を持っています。この2つのテーマは、今後の日本の医療環境・生活環境の向上に重要な社会性をもつものです。特に、最近では、補完医療としての重要性が増しています。このテーマについて学ぶハーブ大学は、米国の私立の自然医学大学で、この分野で第一線を行くパイオニア的な存在です。実務経験は大学付属のクリニックで患者に接する事ができます。最新技術をもつ新設の付属クリニックは、自然医学では米国最大の規模です。年間の患者訪問数は3万4千件です。8〜10年の経歴がある専門医一人に対し2〜3人の研修医のチーム構成で患者のケアに従事しています。


ハーブサイエンス大学は、世界で初の大学であり、またアメリカの大学協会によって正式に認可されています。ハーブ大学の学部生は、大学院の修士課程の上級生と研究を共にすることで、ハーブ科学の道を極めます。このプログラムでは、薬草の育種、薬草生産から品質保証まで、また薬草を用いた疾患予防や健康維持を学びます。このハーブ学の課程を終えれば、薬草の全体論の知識を身につけており、薬草製品業界の仕事に就いたり、薬草の専門家として働いたり、またはハーブ関連の教育に従事することができます。


_ 5つの学部で健康科学を学びます。

 

この大学には、5つの学部があり、学士号、修士号、博士号、サーティフィケートの課程を提供しています。主な専攻分野は、「Herbal Science:ハーブサイエンス」、「Nutrition:栄養学」、「Naturopath Medicine:自然医療・自然療法」、「Acupuncture:針療法」、「Oriental Medicine:東洋医学」、「Applied Behavioral Science:適用行動科学」、「Exercise Science and Wellness:運動科学と健康」、「Health Psychology:ヘルス心理学(医療心理学)」です。


ハーブサイエンス プログラムの詳細については、下記までお問合せください。
TEL 050−5800−7411

nonlink,”contact”


nolink,”mark”