Global International University Systems


TOP_Universities


スタンフォード、MIT、Caltech、ハーバード
少し進学の発想を変えれば,世界のトップ大学に進学できます!

大学は、日本だけではなく、世界から選択する時代です。


社会のグローバル化につれ、日本の有名大学だけでなく、世界のトップ大学に進学するケースが増えています。特にアメリカの大学は世界の大学の中で最も教育の質が高いと言われる国です。世界から優秀な人材が集まるアメリカの大学で学ぶメリットは計りしれなく大きいです。アメリカには、世界トップレベルのスタンフォード大、カリフォルニア工科大、ハーバード大など、東大や京大レベルを超える大学が60校近くあります。同等のレベルでは200校以上にのぼります。

日本でトップの東大も、世界レベルでは36位で、京大54位、東北大201〜250位、東工大300〜350位、名大・阪大351〜400位、私立のトップ早慶は601ー1000位。

 


★今、留学が変わろうとしている
★アメリカの大学進学を具現化する
★飛び級で技術力・博士号を目指す
★ハーバード大学の学生たち
★今からでもスタートできる
松井 啓次 (監修):「本留学プログラム事務局長」
吉岡 節夫 、クロイワ 正一 (共著)
☞click この書籍の購入はこちらからお受けします。



2021年度 世界のトップ20大学
1. University of Oxford, United Kingdom
2. Stanford University, United States
3. HARVARD University, United States
4. California Institute of Technology, United States
5. Massachusetts Institute of Technology, United States
6. University of Cambridge, United Kingdom
7. University of California Berkeley, United States
8. Yale University, United States
9. Princeton University, United States
10. University of Chicago, United States
11. Imperial College London, United Kingdom
12. Johns Hopkins University, United States
13. University of Pennsylvania, United States
14. Swiss Federal Institute of Technology Zurich, Switzerland
15. University of California Los Angeles, United States
16. University College London, United Kingdom
17. Columbia University, United States
18. University of Toronto, Canada
19. Cornell University, United States
20. Duke University, United States




36.The University of Tokyo, Japan




54.Kyoto University, Japan



「世界のトップ大学」をめざしませんか!!



●世界のトップ校へのルート
●日本の有名大学へのルート


日米のトップ大学への3年次編入学がめざせる「カレッジ・プログレス・プログラム」を実施しています。英語と日本語の両方で学べるのが特徴です。このプログラムを修了すれば、日米どちらかの准学士号(短大卒業資格)または日米両方の準学士号(短大卒業資格)が取得できます。準学士号を取得すれば、世界のトップ校や国内の志望大学の3年次への編入学が可能となります。最短12か月で米国の準学士号が取得できます。

トップ校への編入学をめざすには、自己PRも大切となります。「カレッジ・プログレス・プログラム」では、日米どちらかの准学士号(短大卒業資格)または日米両方の準学士号(短大卒業資格)を取得するとともに、自己PRの仕方(エッセイの書き方など)ついても学びます。

・米国では編入学はあたり前です。前の所属大学とは全く関係なく、トップ校への編入学がめざせます。
・日本の多くの大学で編入試験が実施されています。

一般入試で国公立大学に入学するためには、5教科7科目という膨大な量の科目を履修し、対策を立てていかなければなりません。しかし編入学試験では、北海道大学、東北大学、東京大学(学士)、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学などの国内のトップ校であっても英語、専門科目(または小論文)、面接の3科目で入試を受けることができます。そこで英語の出来不出来が合否のポイントとなります。最近ではTOEFLのような外部の英語試験を課す大学も増えています。

国内の有名な国公立・私立の大学への編入学は、英語試験の出来で合否が決まりです。「カレッジ・プログレス・プログラム」の在籍中に米国の短大や4大で高度な英語力が身につけることができます。留学しなくても国内で「カレッジ・プログレス・プログラム」と同等のプログラムが受講できます。


「カレッジ・プログレス・プログラム」(概要)

科目名単位数科目名 単位数
English Composition I3English Composition II3
Public Speaking 3College Algebra3
Basic Statistics 4Human Communication3
Introduction to Computers 3Science with a lab4
Social Science 6Arts & Humanities6
Natural & Physical Science 3Critical Thinking3
Selected Subject I3Selected Subject II3
Selected Subject III3Selected Subject IV3




カレッジ・プログレス・プログラムから『医学をめざす道』

『米国のメディカルスクール』

米国のメディカルスクールは大学院のような位置付けです。米国のメディカルスクールで学ぶメリットは、日本よりも数年先を行く先進医療に触れることができることです。米国のメディカルスクールへの条件:(胴颪裡澗腓梁感隼餝福Bachelor」を取得していること。(学部・専攻は問われません)∋慊蠅気譴寝別椶鰺修し合格していること。MCAT《米》Medical College Admission Testを受験すること。また在学中にボランティア活動の実績も必要となります。


『日本の医学部に編入学』

学校教育における16年の課程を修了した者又は卒業見込みの者(海外の大学も含みます。);

多くの大学ではTOEFL-PBT、TOEFL-iBT又はTOEICのスコアの提出を求めています。一般的にはTOEFL-PBTの得点では530点以上、TOEFL-iBTの得点では71点以上、TOEICの得点では680点以上が求められます。(出願前2年以内に受験したものであること。スコアは大学によって異なります。)提出書類・受験科目などは、各大学によって指定されます。